コロナ禍による自粛にもかかわらずスポーツ賭博が盛況な理由 (1)

コロナ禍による自粛にもかかわらずスポーツ賭博が盛況な理由

2020年は新型コロナウイルスの流行が始まった年であり、世界中の人々の日常生活に影響を与えた年でもあります。さまざまなことが変化し、人々は新しい状況を受け入れる必要がありました。

感染拡大を食い止めるためのロックダウンが世界中で敷かれ、多くの産業が影響を受け、大きな損失を被りました。しかし、スポーツ業界も他の業界と同じように影響を受けたのでしょうか?

日本におけるスポーツ賭博

ここ日本では、ご存知の通り公営競技と呼ばれる賭博に合法的に賭けることができます。公営競技と言えばまず名前が挙がるのが競馬で、私たちに最も人気がある公営競技でもあります。日本中央競馬会によると、競馬による売上高は約49%であり、公営競技全体における最大の売上高を占めています。次に名前が挙がるのは競輪で、この10年間で競輪の賭け金総額は増加しています。

6艇のボートが競い合う競艇もまた人気の公営競技です。最後のオートレースは、オートバイのスピードウェイに賭博を取り入れたものです。

コロナ禍におけるスポーツ賭博

パンデミックとそれに伴うロックダウンによってすべての試合が中止となったため、日本のスポーツ業界は大きな打撃を受けました。そのため、スポーツ賭博もオンライン賭博という新しい形を取り入れる必要がありました。

コロナ禍の影響により国民のスポーツへの関心が高まり、競馬や競艇、オートレースといった公営競技のファンも従来の形からネット投票へと切り替えています。コロナ禍の巣ごもり需要によりオンライン賭博が急成長し、急速に人々の関心を集めているのです。

eスポーツとは?

eスポーツまたは電子スポーツとは、ビデオゲームを用いた対戦をスポーツ競技として捉える際の名称であり、プロのプレイヤーやチーム、個人が参加できる組織的なビデオゲーム競技が行われています。また、ユーザーは試合の結果に賭けることもできます。

始まった当初、eスポーツギャンブルは多くの国で合法ではありませんでしたが、近年いくつかの国で合法化されました。しかし、日本で許可されているスポーツ賭博やeスポーツは、競馬、競艇、競輪、オートレースだけです。

スポーツ賭博の今後の発展

先に触れたように、パンデミックやそれに伴う自粛によって人々は家で過ごす時間が増えました。その結果、さまざまなオンラインサイトでサッカーやプロ野球などの違法な賭けを行うようになりました。コロナ禍以前から、野球界やサッカー界は何年にもわたりこれらのスポーツを合法的なオンライン賭博の対象とするよう政府に求めてきました。

しかし、今回のパンデミックにより、賭けの合法化を後押しするのに適した土壌が生まれています。そのため、日本政府はサッカーや野球を対象とした賭けの合法化に向けて、内部議論を開始しています。ある情報によると、2024年までにプロ野球を対象としたスポーツ賭博が解禁される可能性があるとのこと。また、サッカーのトップリーグであるJリーグのスポーツ賭博は、プール形式のスポーツ振興くじ(toto)よってすでに一部合法化されていますが、完全解禁も24年中に実現し得るのではないかとしています。